映画館に飽きたら球場はどう? 実は千円から行けちゃう「プロ野球観戦」

野球 編集部厳選!「知っ得」まとめ

休日の過ごし方がマンネリ化してるなら

2000円以内という手軽さで、気分転換にもぴったりの映画鑑賞。予定がない休日にフラっと行けるので「気づけば、映画ばかり観ている...」という人も多いかもしれませんね。そこで、ちょっと気分を変えたいという人におすすめしたいのが「プロ野球観戦」

なんとなく、高価なイメージがあるかもしれませんが、座席によっては映画に行くのとほとんど同じ、もしくはそれ以下の価格で観戦できるのです。

座っても1300円からOK

今回紹介するのは、都内からアクセス可能な関東の野球場。関東には東京ドーム明治神宮野球場横浜スタジアムメットライフドームZOZOマリンスタジアムの5つの球場があります。

応援しているチームがあるという人は、ホーム球場での観戦が1番盛り上がりますが、特に応援しているチームはないという人は入場料で決めるというのも選択肢の1つ。ということで、今回は観戦料金が安い順に紹介します(価格は、試合日程や対戦カードによって変動する場合があります)。

最も安価なのは東京ドームの立ち見席。なんと、たったの1000円で野球を生観戦することができます。場所によっては柱などがあって見えにくい場合もありますが、この料金でライブ感を味わえるなら文句なしでは? ただし、試合中ずっと立っている必要があるので、体力に自信がない人はちょっと難しいかもしれません。お手頃料金のため、平日の仕事帰りに寄っていく人も多いよう。休日や阪神戦は混雑しているので、早めに到着してスタンバイするのがポイントです。

外野席で思いっきり応援もGOOD

座って観戦したい場合、最も安いのは、明治神宮野球場の外野自由席(1300円)ZOZOマリンスタジアムの外野応援席(1300円)です。 外野席なので、周りのお客さんは応援チームの攻撃の際は立ち上がります。もちろん座って応援するのもOKですが、外野は威勢のいい応援も楽しみの1つなので、周りと一緒に盛り上がってみて。相手チームの攻撃は座って見られるので、立ち見よりはずっと楽。野球観戦初心者なら、このあたりから始めてみるのがおすすめです。

さらに、神宮は外野指定席も1600円からと抑えめの料金設定。先に指定席チケットを買っておけば、ゆっくり行っても席が確保されているという安心感があります。また、東京ドームも外野指定席は1700円から購入可能です。映画料金(通常1800円)よりも安く観戦できるので、映画ばかりでなく、たまには野球観戦にしてみるとマンネリから抜け出せそう。

映画料金より高いものも紹介します。横浜スタジアムは外野の立ち見は1900円で外野指定席は2100円。200円しか変わらないので、ハマスタに行くなら指定席を取った方がお得かも。

このほか、メットライフドームのチケットは外野指定席が前売り2000円(当日2200円)、内野の立ち見も同じく前売り2000円(当日2200円)と他と比べると少し高めですが、それでも映画を観るのとあまり変わらない料金で観戦できます。

映画はDVDやネット配信でも見られますが、野球は生が一番! 一度味わうと病みつきになるかも。意外に手ごろな料金で観戦できるので、チャレンジしてみて。

野球 編集部厳選!「知っ得」まとめ

プレゼント

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)