原宿「マンゴーチャチャ」が閉店 「元カレ」「初恋」食べ納めは4月8日まで

マンゴー マンゴーチャチャ 原宿 台湾

寂しい...

マンゴーをたっぷりトッピングしたカキ氷などが人気のマンゴースイーツ専門店「マンゴーチャチャ 原宿店」が2017年4月8日に閉店することが分かりました。

4月22日からは新しい台湾カフェ「Zen」としてリニュ―アルオープンします。

980円でマンゴー食べ放題キャンペーンも

人気メニューはどうなる...?(2014年撮影)

マンゴーチャチャは2014年、原宿に日本初上陸した台湾発のマンゴースイーツ専門店。マンゴーをたっぷりトッピングしたふわっふわのカキ氷が人気となり、行列のできる店になりました。

また、スイーツについた「元カレ」「初恋」などのユニークなメニュー名も注目を集めました。

閉店の理由について、取材したところマンゴーチャチャを運営するセドナグローバルの担当者は、

「台湾には"マンゴー"だけでなく、たくさんのスイーツがあります。「マンゴーチャチャ」というブランドネームでは紹介できなかった幅広い台湾スイーツを紹介できるように新しい店舗にリニューアルすることになりました」

と答えます。

リニューアル後の新店舗「Zen」では、日本初上陸の台湾ドリンク「バタフライピー」を目玉とし、台湾の最新スイーツやグルメを扱うそうです。

ここで心配なのが、マンゴースイーツの行方。マンゴーを使ったメニューはなくなってしまうのでしょうか――?

「マンゴーチャチャで人気だった一部のメニュー『モテ期』などは存続します。ただ『元カレ』や『初恋』はなくなります」

「モテ期」とは、マンゴーがたっぷりトッピングされたカキ氷、「元カレ」とは、黒みつやマンゴーがかかったかき氷のことで、「初恋」はマンゴーパフェです。

新店舗にも、マンゴーチャチャのDNAは受け継がれるようですが、なくなってしまうメニューの食べ納めをしたいという人は4月8日までに味わっておきましょう。

また4月8日までは、1品(500円以上)を注文すると、1時間のマンゴー食べ放題が980円になるキャンペーンが行われています。台湾スイーツとぷるぷるのアップルマンゴーを思う存分楽しんで。

詳細は公式サイトへ。

  • Aマンゴーチャチャ原宿店
  • 住所
  • 渋谷区神宮前4-25-35 原宿メイプルスクエア2階
マップを読み込んでいます

ランキング Gourmet