保健体育じゃ教えてくれない おっぱいの真実

おっぱい バスト 女子会白書

ママになって初めて知る人体の不思議

おっぱいは女性らしいプロポーションのための重要なボディパーツです。バストのサイズや色、形に気を取られがちですが、そういえば本来は母乳を作り出す器官でした。

赤ちゃんを授かって初めて、その脅威の働きを知ったママ記者が、女性なら知っておくべき、おっぱいの真実をまとめました。

自分のおっぱいに「え?ええ~~~?」ってなります

1. 巨乳と授乳の関係

巨乳の女性はたっぷり、貧乳の女性は少ししか母乳が出ないという印象があるかもしれません。しかし、そんなことはないのです。記者の実母は貧乳ですが「乳腺炎」といって母乳が詰まってしまうほどの大量生産でした。一方で、巨乳の義母は2か月で母乳が底をつき、人工ミルクに頼ったそうです。母乳の量は、バストサイズではなく、乳腺によって決まるようです。

2. 人間とは思えない固さになる

出産すると、おっぱいは母乳の生産を始めます。個人差はありますが、産後3日目ぐらいになると、胸が急激に膨らみ、皮膚はパチンとはじけそうに、そして触るとガチガチに張っています。ブログなどで「岩のよう」と表現されることが多く、これが人間の体かと思うほど硬いのです。痛みや熱を伴います。ちなみに、出産後の張りや痛みについては、赤ちゃんが吸ってくれると、次第に楽になり、熱も引いていくことがほとんどです。

3. 隠れおっぱいの存在

おっぱいは2つとは限りません。「副乳」と言われる第3、第4のおっぱいの存在があります。副乳のある人は、20人に1人、10人に1人と言われています。もともと副乳があるのに気づかず、産後におっぱいが張ることで発見されるケースは珍しくありません。副乳の場所は脇の辺りから下腹部まで、人によります。

4. 母乳が出る穴は1つじゃなかった

おっぱいから母乳が出るところを想像してください。哺乳瓶の乳首と同じように、1つの穴から出てくると思っていませんか? 授乳期に乳首をマッサージすると、乳首のいたるところから母乳がピューっピューっと勢いよく出てきます。まるでシャワーみたい。

[続き]まだまだあるよ 母乳は白じゃない?
1
おっぱい バスト 女子会白書

今月の特集

今月の特集

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト