銀座に帰ってきた「らくがきカフェ」行ってみた 「食べられる消しゴム」の正体は...?

食べられる消しゴムって...?

店内にあるものすべてに落書きができるカフェバー「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」が2017年2月4日から3月31日まで「銀座B.E.HOUSE日比谷バー」(東京都中央区)に期間限定でオープンします。

3日に行われた「プレス内覧&試食会」で、ひと足先にインパクト抜群のメニューや店内の仕掛けを楽しんできました。

なんじゃこりゃ!! 驚きのメニューがズラリ

オープンをお知らせする記事でも読者からの注目が高かった期間限定の「らくがきカフェ」(参照:「店内らくがきし放題! ぺんてるの「らくがきカフェバー」が銀座に帰ってくる」)。壁やテーブル、イスなど店内すべてのものに「落書き」ができるという楽しいカフェ&バーです。

ぺんてるの「らくがきカフェ」がオープンするのは、2014年6~7月、2015年9~10月と過去2回行われていて、今回が3回目。

ビジュアルがユニークなメニューから紹介します。

カラフルでかわいいメニューがたくさん

まず記者の目に留まったのは、「食べられる消しゴム」や「くれよん」がのった「食べられる消しゴム付きカラフルおつまみセット」(1500円)です。消しゴムはリアルすぎる仕上がりで「これ、食べられるの...?」とドキドキしてしまいます。

本当に食べられるの...?

戸惑いながら口に運んでみると...、クリームチーズでした! 濃厚なコクでお酒のおつまみにぴったりです。チーズを包んでいるシート(マジパンを薄くしたようなもの)も一緒に食べられます。

気になっていた「クレヨン」はイチゴチョコレートでできていました。かわいい見た目でSNS映えも間違いなし。

クレヨンも食べられる

次に目に飛び込んできたのは、鮮やかな緑色の麺。興味津々で食べてみると、焼きそばです。なんとこの「カメレオン焼きそば」(1050円)は、レモン汁をかけると緑色から、クリーム色に色が変わります。思わずはしゃいでしまいました。紫キャベツの特性を利用した楽しいメニューです。

左がレモンをかける前、右がかけた後

このほか、修正液のパッケージで包んだチョコペンでおえかきできる「修正液でラクガキパンケーキ」(700円)や、パステルカラーがかわいい「オレンズマニッシュプリン」(650円)など、紹介しきれないほどたくさんのユニークなメニューがずらり。

パイナップルとオレンジのカクテル「ポスターカラードリンク」(880円)、「カラフルビール」(780円)などアルコールメニューも登場するので、夜も楽しめそう。

カクテルメニューもあります

[続き]床にも顔にもラクガキできる! 描きまくってSNSでシェア
1
  • AGINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel
  • 住所〒104-0061
  • 東京都中央区銀座5-6-5 NOCO7F
マップを読み込んでいます

今月の特集

今月の特集

ランキング Event

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)