フラれるとリアルに体が痛くなる 「恋の痛手」のメカニズムを科学的に証明

バレンタイン2017 女子会白書 恋愛 雑学

思い出すだけで痛い...

大好きな人に想いが届かなかったり、大切な恋人との関係が破局したりすると、胸がギューッと締め付けられるように痛みますよね。

そう。失恋は心だけでなく、本当に体まで傷ついたのと同じ痛みをともなうのです。米ミシガン大学とコロンビア大学の合同チームがこれを科学的に証明し、科学誌「米国科学アカデミー紀要」電子版の2011年3月28日号に発表しました。

痛みを伴うのは「失恋」だけ

研究は過去6か月以内に「恋愛の不幸な結末」を経験した女性21人、男性19人の合計40人を対象に行われました。

被験者たちには2つの実験をしました。その内容は、

1)熱を発する装置を左腕に取り付け、熱いコーヒーカップが直接肌に触れたような「痛さ」を与える。
2)振られた相手の写真を眺めながら、その人と分かち合った楽しい出来事や失恋した当時のことを思い出してもらう。

というもの。

そして、それぞれの実験でfMRI(機能的核磁気共鳴断層画像法)を装着し、脳のどの部分が反応するか調べました。

すると、どちらの実験でも脳のまったく同じ部分の活動が活発化したのです。それは、「二次体性感覚皮質」と「背側後部島皮質」と呼ばれる部分で、傷を負ったり、内臓に疾患ができたりして肉体的な痛みを感じると、血流が盛んになり反応する領域です。

面白いことに、「恐怖」「不安」「怒り」「悲しみ」などほかのマイナスの感情を引き起こさせる実験では、この肉体的な痛みを感じる2つの領域は活発化しませんでした。つまり、様々な精神的な苦痛の中でも、「失恋」だけが体と同じ痛みを感じるということです。

脳は失恋の痛みを体の痛みと同じように受け取っているというわけです。でも、なぜわざわざリアルに痛みを感じる必要があるのでしょう?

[続き]本能レベルの危機感がそうさせる?
1

ランキング Life