こんなご近所だなんて聞いてないよ! 「引越しあいさつ」仰天エピソード

トラブル 女子会白書 引越し

OMG!!!!!

引越しはギャンブルみたいなところがあります。住んでみないとわからない。特に、ご近所さんは謎に包まれた物件スペックです。

ドアを開けたら、そこは「裸族」だった

住宅情報サイトの「HOME'S」がまとめた引越しあいさつにまつわるエピソードからびっくり仰天エピソードを紹介します。

多く挙がったのが、次のあいさつ先を指定されたというものです。

「組内の全ての世帯に挨拶に行く事になった事」(42歳男性)
「町内会長さんに電話連絡をして引っ越す旨を伝えたのに、裏の家に挨拶に伺って、町内会長さんではなく、班長さんに挨拶をするべきと教えられたこと。で、その班長さんの服装がKill youと書かれたプロレスのTシャツだったこと」(31歳女性)

両隣ぐらいは行かないとね! と軽い気持ちでインターホンを押したのに、というとほほエピソード、わかります。でも、次のあいさつ先を紹介した人は、ご近所づきあいがスムーズに始まるから、という配慮から生じた行動かもしれませんよ。プラスに捉えてみましょう。

ドアを開けたけど、すぐ閉めたくなるのは、

「裸で出てきた」(36歳男性)
「パンツ一丁で出てきた」(36歳女性)

というエピソード。タイミングが悪かったのか、そういう生活様式の住人なのか、これはもうびっくりした心を落ち着かせるしかないですね。

「男性が部屋にドラムセットを置いていた(毎夜、音楽やっている仲間を集めてみんなで演奏していた)」(25歳女性)
「ペット不可のマンションで堂々と犬を飼っていた」(39歳男性)

といったエピソードも。これからの暮らしが不安になります。これは初めが肝心。ずっと我慢して関係がこじれる前に、管理会社や町内会長さんなど、第三者を入れて話し合った方がいいかもしれません。

[続き]5回連続居留守使われました
1
トラブル 女子会白書 引越し

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト