これがわたしの「総活躍時代」なの? 今、保活ママが諦めている3つのこと

ママ ワーキングマザー 保育園 女子会白書

こんなに愛しているのに...

「保育園落ちた。日本死ね――」というブログの炎上事件覚えていますか?

待機児童問題、国や自治体が対策に乗り出しているとはいえ、現状はどうなっているのでしょうか。子どもを保育園に預けるための「保活」をした経験のあるワーキングマザー1000人を対象にした調査で、保活ママの"行き場のないため息"が聞こえてきました。

選んでなんていられない! 好みの保育園を諦めた

保育園の選びのポイントは、「自宅からの距離」78.8%、「園の方針」25.4%、「保育時間(延長保育など)」23.1%、「勤務先からの距離」34.6%の順で多く、次いで「入れそうなところ」(18.2%)が続きます。

一都三県では、「入れそうなところ」と回答した人が23.7%、つまり4人に1人は"選んでなんかいられない""入れてくれるならなんでも"という事情。他のエリアよりも厳しい現実が垣間見えます。

出産前から働いていて、出産後も退職せず働き続けたワーキングマザーは、回答者の約3割。そのうち「育児休業を全期間取得せず早めに復帰」したと回答した人は、23.9%でした。

また、「本当は預けたくないけど0歳から保育園に預ける」と答えた人が19.7%いました。いずれも、受け入れ定員数の多いタイミングに預けなければと、保育園の都合に合わせて職場復帰したケースが考えられます。

[続き]協力的な夫はこんなタイプ
1
ママ ワーキングマザー 保育園 女子会白書

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト