とことん女子に特化した「ラーメン女子博」 女だって心行くまでラーメンが食べたいの!

ラーメン 女子

ドゥエイタリアンの「生ハムフロマージュのラーメン」

2016年3月17日~21日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で「ラーメン女子博 '16 ‐Ramen girls Festival-」が開かれます。2015年の第1回では約3万人の来場者数を記録し、売切れ続出の2日間でした。

第2回の今回は、出店ラーメン店を総入れ替え! バリエーション豊かな12店舗が軒を連ねます。また、そのうち1店舖は日替わりで店舗が変わるスペシャルブースで、合計15店舗が、"ラーメン女子に捧げるラーメン"をコンセプトにメニューを提供します。

ラーメン女子選りすぐり

食べ歩き歴10年で年間600杯以上食べるラーメン女子、森本聡子さんが選りすぐった名店がずらり。

ミシュランガイド掲載の有名店「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」(市ヶ谷)をはじめ、フカヒレ専門中華料理店「蔭山樓」(恵比寿)、森本氏自身が"ラーメン女子"になるきっかけとなった、ラーメンイベント初出店の「元祖タンメン屋」(岐阜)、"美人すぎるラーメン店主"が作る「汁なし担々麺」が看板の「自家製麺 ほうきぼし」(赤羽)、鶏の卵巣・きんかん独特のしっとりした手もみ麺が売りの「新旬屋 麺」(山形)、カルト的な人気を誇る高級ラーメン店「中華そば すずらん」(恵比寿)など、ラーメン通にも嬉しい店舗が目白押しです。

ほかにも女子ウケ抜群のオシャレ系からガッツリ系まで、ハートをわしづかみの店が勢揃いします。

注目の日替わりブースには、17日に「らーめん香月」(六本木)、18日に「地球の中華そば」(横浜)、19日、20日に「麺屋 翔」(新宿)、21日に「ラーメンダイニングJingu」 (原宿)と、知る人ぞ知る名店が入れ代わり立ち代わり出現します

人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定の飲食スペースでは、ブランケットやレンゲ、ヘアゴムなど女性に嬉しいホスピタリティも用意しています。

もちろん、男性も入場可能なので、家族やカップルで美味しいラーメンを堪能してください。

開催時間は11時~21時(L.O 20時30分)。21日のみ20時まで(L.O 19時30分)。

詳しくは公式サイトで。

蔭山樓(恵比寿)

元祖タンメン屋(岐阜)

自家製麺 ほうきぼし(赤羽)

旬屋 麺(山形)

中華そば すずらん(恵比寿)

チラナイサクラ(御徒町)

Miso Noodle Spot 角栄 (KAKU-A)(代々木)

麺屋宗(高田馬場)

麺屋 Hulu-lu(池袋)

ラーメン 女子

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス