最大60分待ち!渋谷に現れた「サッポロ 麦とホップ」の体感型ゲーム広告がおもしろそう

サッポロ 麦とホップ The gold

1分以内に当たりを探し当てろ!

2016年2月6日~7日の2日間、東京・渋谷のパルコ前にスマホをかざす人だかりができました。

彼らの目的は巨大な屋外広告にスマートフォンをかざして当たりを探すイベント「THE GOLD HUNTER~渋谷に隠された麦とホップ The goldを手に入れよ!~」。コク系新ジャンル「サッポロ 麦とホップ The gold」のリニューアル発売に伴い開催された、体感型広告です。

総参加人数は約1500人

超特大な屋外広告(縦2100ミリ×幅6000ミリ)にスマートフォンをかざし、制限時間の1分以内に当たりを探して、麦とホップ The goldを手に入れるというゲーム。

普段であれば見るだけの広告に、静電インクという、スマートフォンが発する静電気に反応する特殊な印刷技術が使われており、スマートフォンをかざすだけでインタラクティブな仕掛けが作動する仕組みに、通りすがりの人もみんな興味津々です。

総参加人数は約1500人で、待ち時間最大60分と、レジャーランド並みの大行列。スマホをかざして当たりを見つける、という単純明快さもあってか、家族連れからお年寄りまで多くの世代が参加しました。

当たりを見つけた人にはもちろんのこと、見つけられなかった人にも「麦とホップ The gold」が配られたので、参加者全員が思わず顔をほころばせていました。

詳細はキャンペーンサイトから。

サッポロ 麦とホップ The gold

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト