あの隈研吾氏がデザイン!西武鉄道の新観光電車「旅するレストラン52席の至福」が4月17日出発進行

「旅するレストラン52席の至福」

埼玉・秩父や埼玉・本川越までの景色、すてきな料理が楽しめる西武鉄道の観光電車「西武旅するレストラン52席の至福」が、2016年4月17日から運行をスタートします。

西武沿線の代表的観光地「秩父」をモチーフにした車両の内外装デザインは、新国立競技場に携わることが決定した建築家の隈研吾氏が担当。車両インテリアの一部に沿線の伝統工芸品や地産木材を使い、首都圏を走る電車の中でおいしい食事を楽しみながら非日常感を味わう"旅"ができます。

4両編成で定員52人、4000系車両をリメーク

車両は4両編成で定員は52人。飯能~西武秩父駅間を中心に運行する4000系車両(4両1編成)をベースにリメークしていて、2、4号車がオープンダイニング、1号車が多目的スペース・トイレ、3号車がオープンキッチンスペースとなっています。「秩父」をモチーフにした水色の車両外観には、荒川の水の流れがダイナミックにデザインされています。

内外装デザイン担当の建築家の隈氏をはじめ、ビッグネームが参加するのも魅力の一つ。ロゴデザインは「ラフォーレ原宿」広告などを手掛けた古平正義氏、ネーミングは資生堂「TUBAKI」コピーライトなどで知られる谷山雅計氏、車内メロディーはカシオペア元キーボード奏者で作曲家の向谷実氏が担当します。

2月1日から予約受け付けを開始。臨時電車として、土曜、休日を中心に年間100日程度の運行を予定しています。

運行区間は池袋~西武秩父駅間、西武新宿~西武秩父駅間、西武新宿~本川越駅間など。具体的な食事の内容は、今後発表します。詳しくは公式サイトから。

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス