「上から目線」が美しい! 死ぬまでに見たい「空からの絶景」15選

セスナ 女子会白書 気球 絶景

気球で楽しむカッパドキアの奇岩 (トルコ)

物事の見え方は「視点」で変わる、とはよく聞きますが、世界の景色も見る高さでまったく違う顔になるようです。世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人「トリップアドバイザー」が、2012年9月「死ぬまでに見ておきたい、空からの絶景 15選」を発表しました。

世界には空から俯瞰で眺めることで、本当の魅力が見えてくるスポットが数多くあります。今回の発表では世界各地の"上から目線"が魅力的な15のスポットと、空から眺めるための最適な方法も交えて紹介しています。

1位は、気球で楽しむカッパドキアの奇岩 (トルコ)。キノコのような奇岩が密集するカッパドキアでは、ギョレメ国立公園やラブバレーなどの奇岩群を気球で回るツアーが人気なのだそう。たしかに、これだけ奇妙な岩を気球からのぞきこむのは圧巻ですね。

2位は、セスナで楽しむハート型のリーフ (オーストラリア)。グレートバリアリーフのウィットサンデー諸島に浮かぶ、キュートなハート型サンゴ礁で、セスナによる遊覧飛行のほか、ヘリコプターのツアーも開催されています。

3位は、気球で楽しむマサイマラの野生動物 (ケニア)。タンザニアとの国境に広がる野生のケニアのマサイマラ国立保護区。年間を通して多くの動物を観察することができるスポットです。冒険心をくすぐる上空からのサファリツアーは、早朝出発なので朝日もバッチリ見えます。

4位は、ヘリで楽しむハワイ島の活火山 (ハワイ)。ハワイ諸島のなかで最も大きいハワイ島。のどかな島はビッグアイランドと呼ばれています。ヘリツアーでは火山のほか海岸線や緑に覆われた滝なども見られます。

5位は、ヘリで楽しむ12アポストロス (オーストラリア)。海岸にニョキニョキとそびえる岩が12であることから12アポストロフ(12使徒)と呼ばれています。展望台からは7本しか見えない岩も、ヘリコプターからならすべてを一望。人気なのもうなずけます。

6位以下も下からチェックを。正月明け早々ですが、次の旅行の参考にどうぞ。

6位:セスナで楽しむナスカの地上絵 (ペルー)
7位:気球で楽しむドバイ郊外の砂漠風景 (ドバイ)
8位:気球で楽しむナパバレーのぶどう畑 (アメリカ)
9位:ヘリで楽しむニューヨークの摩天楼 (アメリカ)
10位:セスナで楽しむトンガリロ・ナショナルパークの山々(ニュージーランド)
11位:パラセーリングで楽しむサンゴ礁とマニャガハ島 (サイパン)
12位:スカイダイブで楽しむクイーンズタウンとワカティプ湖の絶景 (ニュージーランド)
13位:パラグライダーで楽しむテーブルマウンテン (南アフリカ)
14位:パラグライダーで楽しむスイスの湖と山々 (スイス)
15位:屋上で滑ったり回ったりして楽しむラスベガス (アメリカ)

セスナで楽しむハート型のリーフ (オーストラリア)

気球で楽しむマサイマラの野生動物 (ケニア)

ヘリで楽しむハワイ島の活火山 (ハワイ)

ヘリで楽しむ12アポストロス (オーストラリア)

セスナで楽しむナスカの地上絵 (ペルー)

セスナ 女子会白書 気球 絶景

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト