【Paris発】「愛国心」めぐり有名俳優がボコボコ 2012年フランスで起きていた「傾向」

paris発 ジェラール・ドパルデュー

メイド・イン・フランス製品購入の機運が高まり、極右政党が支持票を集め、税金逃れに祖国からベルギーへの移住を宣言した国民的俳優が批判の的になり......。2012年のフランスを振り返る上で「愛国心」は欠かせないキーワードのひとつだ。

2月に、フランスで不況対策に自国製品を買おう、という機運が高まっているというコラムをこの欄で書いた。しかし、「雇用を守り、経済活性化を図るために『メイド・イン・フランス』を率先して買おう」をスローガンに、大統領選に臨んだ中道派のフランソワ・バイルーは、落選。4月に行われた第1回投票で、バイルーを上回り、17.9%の得票率で3位につけたのが、極右政党である国民戦線党の女性党首マリーヌ・ル・ペンだ。

女性党首ル・ペン、父超える得票率

マリーヌ・ル・ペン党首が、第1回投票で3位につけた
マリーヌ・ル・ペン党首が、第1回投票で3位につけた

同党の創設者でマリーヌのパパであるジャン・マリー・ル・ペンに比べればカリスマ性は低いし、女性蔑視の傾向があるフランスで、女性候補はどうかな?と思っていたが、蓋を開けると、パパが2002年に第1回投票で2位になった時(16.9%)よりも高い得票率だった。メイド・イン・フランスどころか移民排斥、反ヨーロッパを掲げる、愛国主義というより国粋主義的な党が高い支持を得たのだ。

今回の大統領選は、フランソワ・オルランドが5月に行われた第2回投票を制し、17年ぶりの社会党大統領の誕生となった。景気の低迷は続き、財政難の打開策として発表されたのが、年収100万ユーロ(約1億1000万円)を超える人に75%の所得税を課すという法案。その直後9月に、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)会長のベルナール・アルノーがベルギー国籍を申請し、「税金逃れが目的」と言われたが、本人はそれを否定し、フランスで税金を払い続けると宣言した。

[続き]ベルギーに移住するフランス人富豪が増えている?
1
paris発 ジェラール・ドパルデュー

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト