プールサイドは「ひざ」が命! 若い娘に負けない水着スタイル

夏のバカンス、プールや海で楽しく過ごしたいと思っている大人女子も多いのでは? そこで気をつけていただきたいのが、水着を着たときの歩き方と座り方です!

ヨーロッパでは姿勢を正すこととキレイに歩くことは、女性のたしなみとして、小さいころから親にしつけられるそう。以前スペインのビーチに行ったときには、小学生くらいの女の子たちが、姿勢を正して、大きな歩幅でキレイに歩いているのに驚きました。

海外の空港でも狭い歩幅でちょこちょこ歩いているのは、日本人だとすぐに分かってしまいます。ヨーロッパの女性たちのようにさっそうとかっこよく歩きたいですね。

プールサイドで足長効果を発揮

カラダのラインがはっきり出る水着はなおさら。キレイに振る舞うには,姿勢と歩き方と座り方がとっても大切です!

膝の裏をのばすとキレイ(左)、膝の裏が伸びていないとおしりがさがってしまいます(右)
膝の裏をのばすとキレイ(左)、膝の裏が伸びていないとおしりがさがってしまいます(右)

足下の真ん中から進行方向に一本線が続いているとイメージして、その上をファッションモデルになったつもりで歩いてみてください。歩幅を大きくとって足の甲を伸ばすようにしてみると足が長くキレイに見えます。前に出した足のひざ裏を伸ばすように、同時に後ろ足のひざ裏も伸ばすようにしてください。

普段から歩幅を狭くして、ちょこちょこ歩いていると、おしりが下がってひざも曲がってしまうので避けてくださいね。

[続き]レディは「ひざ」に緊張感を
1

今月の特集

今月の特集 今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス