ナチュラルメイクの時代は終わった... 20代女性の大半が「薄メイク肌」にイマイチ判定

毎朝お出かけ前のメイク。顔のシミや赤みはコンシーラーやファンデーションで隠したいけど、厚化粧にはしたくない...と、苦心しながらナチュラルな仕上がりを心がけている人は少なくないはず。

実際にカネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE」が20代女性100人を対象にアンケート調査を実施したところ、8割の女性がファンデーションであまり隠さず素肌感を残した「薄付きメイク肌」を好むことがわかりました。

しかし実は、外から見て美人に見えるのは「薄付きメイク肌」よりもファンデーションでしっかりカバーした「きちんとカバー肌」だというのです。では、いったいどう違って見えるのでしょうか。

印象美人度が高いのは「きちんとカバー肌」

KATEが女性のベースメイクについてアンケート調査を行ったところ、女性の8割以上が「薄付きメイク肌」が「好き」(84.0%)と答えました。一方、ファンデーションでしっかりカバーした「きちんとカバー肌」が「好き」という人は61.0%にとどまりました。

20代女性が好むベースメイクは?

20代の多くの女性が「薄付きメイク肌」を好んでいることがわかりましたが、実際の見た目の印象となると、話は違うようです。

調査では2人のモデル(モデル1とモデル2)に同じファンデーションで「薄付きメイク肌」(写真A)と「きちんとカバー肌」(写真B)をそれぞれ試してもらいました。

「薄付きメイク肌」と「きちんとカバー肌」の比較

先の20代女性100人に「美人だと思う方」を聞いてみると、モデル1、モデル2ともに写真Bの「きちんとカバー肌」と答える方が圧倒的に多いという結果に。

美人だと思う方は?

大多数の20代女性は、自分でメイクをする時は「薄付きメイク肌」を好んでいながらも、実際に美人だと思うのは「きちんとカバー肌」だと感じているようです。

[続き]トレンドは「ナチュラル肌」から「オトナ肌」へ
1
KATE 女子の本音

今月の特集

今月の特集

ランキング Beauty

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)