2020/2/27

作家60人以上が手がけた5000点の器が大集合「珈琲のための器展」

2020年2月1日から3月22日まで、アートスペース油亀(岡山市北区出石町2-3-1)にて企画展「珈琲のための器展 お酒はなくても、生きていける。」が開催されています。

テーマは「珈琲を深める」

今回で11回目を迎えるイベントです。北海道から沖縄まで、全国各地の珈琲をこよなく愛する陶磁器・木工・ガラスの作り手たち60人以上が珈琲のことだけを考えながら、同展のために約1年の歳月をかけて作り上げた5000点超の器が並びます。

今年のテーマは「珈琲を深める」。新企画として、各地の珈琲店のバリスタと一緒に珈琲について考える「朝の珈琲教室」や、「スペシャルティ珈琲について学べる日」「カカオから作る、珈琲に合うお菓子作りの日」が加わりました。

特設の「珈琲喫茶室」では、作家のうつわの使い勝手を、実際に試しながら日替わりの珈琲を楽しむことができる「珈琲の時間」や、週末には全国の人気珈琲店の店主による「出張ドリップ」など、さまざまな関連イベントが行われます。

入場無料。開催時間は11時から19時までです。火曜は展示替えのため定休。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram