2019/8/13

見て、触れて、味わって、惚れる。匠の味と技が勢ぞろい!

広島三越(広島県広島市中区胡町)は、2019年8月13日から8月19日まで「匠の味と技展」を開催しています。

老舗弁当から銘菓、鉄瓶まで。

〈いちじょう〉の「いか南蛮」(451円)、〈大徳寺 さいき家〉の「鰻だし巻弁当」(1折 1944円)、〈宇野フーズ〉の「北海道産 浜焼帆立貝柱」(150g 1080円ほか)など、各地より匠の味が集まります。

〈京生麸 大野〉の「抹茶麸まんじゅう」(1個 各270円/連日150個限り)や、〈氷菓処にじいろ 日光天然の氷 四代目 徳次郎〉の「栃木県産 とちおとめいちご」(1杯 901円/8月12日・14日~18日)など、夏らしい甘味も登場。

また、〈南部鉄器 幸工芸〉の「現代の名工 佐藤 勝久 作 鉄瓶 安幸 波千鳥」(4万1040円)や、〈片山文三郎商店〉の「スカーフ」(各1万800円)をはじめ、プロの技が光る工芸品もそろいます。

会場は8階催物会場、1階、6階。時間は10時30分から19時30分(8階催物会場は8月14日から8月18日、18日は17時閉場)。〈徳次郎〉のイートインは10時30分から19時、18時30分ラストオーダー(8月12日・18日は17時まで、16時30分ラストオーダー)。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

プレゼントPRESENT

Instagram