2019/2/25

国境を越えたアーティストの競演

京都文化博物館別館(京都市中京区三条上ル東片町623-1)と京都新聞ビル印刷工場跡(京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239)にて、2019年3月2日と3日に「ARTISTS'FAIR KYOTO 2019」が開催されます。

粘土模型の即興制作バトルからオークションも!

作品をアーティスト自らがエンドユーザーにお届けするという趣旨で始まった同イベントは、2018年2月に初めて開催され、国内外で活躍する旬なアーティストや、彼らが選ぶ注目の若手アーティストたちの作品が、想像を超える展示空間に一堂に会し、美術展との境を取り払ったイベントとなりました。

今回は43人の若手アーティストと2人の招待作家の作品が登場。インドと日本の招待作家による映像作品の競演が繰り広げられ、美術館では味わえないような体験も楽しめます。

また、3日16時から17時にはスペシャルイベント「対話の可能性」が京都文化博物館別館2階で開催予定。同イベントのディレクター椿昇氏とインドからの招待作家サヘジ・ラハル氏による粘土模型の即興制作バトルが繰り広げられ、二人の粘土模型をセットにして、その場で500円からスタートのオークションとなります。

開催時間は10時から18時まで。入場料は1000円(京都新聞ビル印刷工場跡は無料)です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Go_out RANKING

Instagram