2018/12/28

厚さ15ミリ超え牛タンのプニプニ食感に舌鼓

肉の部位や種類によって温度や調理時間を変え、最高の調理法を追及したこだわりのメニューを提供してくれる「GYUTAN BISTRO JYO-ZETSU」(大阪市北区曽根崎2-5-23 お初天神参道ビル1階)が、2018年12月25日にオープンしました。

ボトルワインは2800円均一

「焼く」「煮る」「蒸す」に次ぐ第4の調理法として注目されている低温真空調理法で、昆布の旨味を肉につけ、肉本来の旨味を逃がすことなく調理された、厚さ15ミリを超えるプニプニ食感の牛タンが味わえます。

「タン先」は赤身の部分で食感は硬いものの旨みがあるので「牛タン生ハム」に、「タン中」は赤身と脂身のバランスに優れているので「牛タン煮込み」になど、部位の特徴を生かした牛タン料理が楽しめます。

15ミリの牛タンを鉄板でカリッと焼き上げた「饒舌 牛タン」(1780円)や、饒舌牛タン、国産牛レバー、牛ハツを絶妙な温度で低温真空調理しカルパッチョに仕上げた「肉カルパッチョ3種盛り合わせ」(1280円)などのほか、からすみをふんだんに使用した、シメにオススメの「からすみペペロンチーノ~手打ちタリオリーニ~」(900円)や、ハーブや香味野菜の特製出汁で低温真空調した豆腐を使った「ビストロ肉豆腐」(680円)など、肉以外にもこだわりメニューが満載です。

ドリンクは「価格を気にせず美味しく食べて飲んでいただきたい」という想いから、ボトルワインを2800円の均一価格に。樽生スパークリングを使用したカクテルやワインカクテルも充実しています。

営業時間は17時から翌2時までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram