2018/12/ 7

年賀状、保管の準備も完ぺきに!箱づくりのワークショップ

2018年12月18日、林源十郎商店本館3階(倉敷市阿知2丁目23-10)にて「年賀状を入れるデニムの箱のワークショップ」が開催されます。

倉敷のデニムで箱をつくろう

倉敷のデニムの生地で、年賀状がはいる大きさの「糸へん箱」をひとつつくるワークショップです。糸へん箱は倉敷の地場産業である綿織物の余った生地を生かす試みのひとつで、丈夫で使っていくとだんだん馴染んで愛着がわいてくる「物語のある貼り箱」のことです。自分で簡単に紙や布を貼って、思ったとおり簡単につくることができます。

たまにキズや汚れ、多少のほつれやゆがみ、色落ちや色移りが出ることがありますが、それぞれの変化を楽しんで使いたくなる箱です。

料金は1200円(税込・1ドリンクと焼き菓子付き)。開催時間は11時から15時までの間の約45~60分程度です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

ランキング Event RANKING

Instagram