2018/12/ 6

イラン、ネパール、モンゴル、ウズベキスタンのレッグウエアってどんなもの?

SAA(大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1階)にて、2018年12月13日から22日まで、アジアの4カ国にスポットをあてた「アジアのあったか靴下とニット小物 ASIAN SOCKS WINTER STYLE」が開催されます。

ワークショップやおしゃべり会などユニークなイベントも同時開催

「FEEL LIKE JOURNEY」をコンセプトに、毎回ユニークなイベントを開催しているSAA。好評を博している『アジアの靴下』シリーズも第三弾を迎え、今回は「冬のあったか編」として、イラン、ネパール、モンゴル、ウズベキスタンの4カ国の特徴的なレッグウエアに注目です。

村のおばあちゃんの手編みから生まれる伝統的なエスニック文様や、遊牧民によって刈られた心にも体にもあったかい天然毛のもの、手作りならではの不揃いが独特の風合いを生む1点ものなど、4カ国の魅力いっぱいの冬靴下やルームシューズが満載です。

ほかにも、ユニークな超極太糸を使ったポップな編み物ワークショップ「腕で編む『もこもこスヌード&マフラー』」や、日本語ペラペラなウズベキスタン人の青年を迎えてのおしゃべり会、旧ソビエト連邦圏の国々の音楽を取り上げるレクチャーなどのイベントも同時開催です。

開催時間は12時から19時まで。入場料は無料です。ワークショップなどのイベントの詳細は公式サイトを確認してください。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

ランキング Event RANKING

Instagram