2018/12/ 4

雑誌「リンネル」でもおなじみのイラストレーターが繰り広げるパラレルワールドがそこに

bgm gallery & shop(京都市下京区早尾町313-3 五条モール1階 102)にて、2018年12月1日から24日までの金曜から月曜、個展「山﨑美帆『雪の祝日』」が開催されています。

ギャラリーだけに出現するまぼろしの祝日

お茶屋の古い木造建築を改装した「五条モール」の一室にある、小さなアートスペース「bgm」。そのこけら落としイベントを飾ったイラストレーターで、雑誌「リンネル」でもおなじみの山﨑美帆氏の個展です。

今年6月に松本で開催した展示「雨の祝日」に、新作を加えて再構成されている同展。

「雨の祝日」は、「雨の日に部屋で過ごす時間は少し祝日のような感じがあるなと思い、6月に祝日はないけれど、梅雨の時期にひそかに出現する祝日があるのかもしれない」と決まったタイトルだったのに対し、「雪の祝日」は、今年限りになる天皇誕生日(振替休日)を最終日に据え、「雪の日に部屋の中でストーブを焚いて過ごす日は、雨の日と同じく、ひそかな祝日のようで、12月の祝日はなくなってしまうけど、雪の日にはまぼろしのような祝日が出現するのかもしれない」という山﨑氏の思いから誕生しています。

ギャラリーだけにひそかに出現する祝日。そこにはパラレルワールドが繰り広げられています。

開催時間は13時から19時(最終日は17時)まで。入場料は無料です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

ランキング Event RANKING

Instagram