2018/11/15

美しい能の謡を書き写し、心身を浄化するひと時を

2018年12月2日、「石川県立能楽堂」(金沢市石引4-18-3 )にて「写謡(しゃうたい)の会」が開催されます。

能楽師のみどころ解説と謡いのミニレッスンも

当日の午後に石川県立能楽堂で催される定例能の演目を、宝生流謡本の流麗な文字をなぞって書写する、月に一度開催されているイベントです。能楽師のみどころ解説と、謡のミニレッスンも行われます。この日の演目は「岩船」「通小町」、講師は能楽師シテ方宝生流の藪克徳氏です。

料金は500円。開催時間は10時15分から約1時間です。事前申し込みが必要なので詳細は公式サイトで確認を。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram