2018/7/12

日本各地、四季折々の情景を楽しむ「新版画展 美しき日本の風景」

ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)7階隣接の美術館「えき」KYOTOで、2018年7月5日から8月1日まで、日本各地の四季折々の情景を新版画で楽しむ展覧会「新版画展 美しき日本の風景」が開催されています。

色彩豊かな風景画が約100点展示

江戸時代に浮世絵が誕生して大量印刷が可能になったことから、庶民の間でも絵画が楽しまれるようになり、その印刷技術が大正から昭和初期にかけて発展。それが「新版画」という木版画です。

浮世絵に従っているため、新版画のジャンルは美人画や役者絵もありますが、同展では風景がテーマ。川瀬巴水と吉田博の作品を中心に、色彩豊かな風景画が約100点展示されます。写実的な風景を通して、新しい形で表現された新版画の魅力が楽しめます。

入場料は800円。開館時間は10時から20時まで、入館は閉館30分前までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Event RANKING

Instagram