2018/4/ 6

初登場商品も続々! 「春の大北海道展」開催中

京都タカシマヤ(京都市下京区)7階催会場にて、2018年4月4日から16日まで、本展担当者も太鼓判の北国の美味が満載、「春の大北海道展」が開催されています。

3日間限定販売のシュークリームも

初登場商品が満載の北海道展です。お食事処では、地元札幌の名店である凡の風の「溶かしバターコーンラーメン」(味噌味1101円、塩味1051円)が10日まで、11日からは、?屋 響からは「春野菜のチャンポン麺」(1201円)が期間限定で登場します。

毛がにや生ずわいがに、真つぶ貝など、旬のネタを握りでいただく小樽 日本橋の「旬の華にぎり」(9貫3240円)もその場で楽しめます。ほかにも、かにやほたてがたっぷり乗った「北海道産みやび弁当」(2592円)や「蝦夷海の幸弁当」(2592円)などの実演販売もあります。

また、北海道生まれのチーズやワイン、イチゴや桜を使ったスイーツも目白押し。定番の「マルセイバターサンド」(5個入651円)や「白い恋人」(12枚入762円)も販売されています。期間限定や日替わり販売の商品も盛りだくさん。13日から15日には、作り立てを空輸して販売される〈北菓楼〉のシュークリームも登場。15時30分から整理券が配られ、16時から販売されます。

開催時間は10時から20時(最終日は17時)までです。お食事処の営業時間は10時30分から19時30分(最終日は16時30分)まで。ラストオーダーは19時(最終日は16時)です。期間限定商品などの詳細は公式サイトを確認してください。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Gourmet RANKING

Instagram