18~20世紀ヨーロッパのファッションを垣間見る 「ヨーロッパの扇展」

神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)にて、2018年1月13日から3月11日まで、18世紀から20世紀に制作されたヨーロッパの扇コレクション約60点が集められた「ヨーロッパの扇展」が開催されています。

バーチャル試着体験ができる

神戸ファッション美術館所蔵の扇コレクションとともに、女性たちの装いが紹介されています。アクセサリーとしての装飾品の中でも扇は、持つことが上流階級の女性のたしなみのひとつとされ、持つ仕草によってメッセージを送るコミュニケーションの手段でもありました。形状もさまざまで、日本の檜扇(ひおうぎ)や扇子と同型のものや、骨の部分に象牙やべっ甲などを使ったもの、扇面に雅宴画が描かれたもの、豪華なレースが施されたものなど、昔のヨーロッパ女性のファッションの世界が垣間見られます。

展示室入り口エリアでは、美術館コレクション衣装をバーチャル試着することができ、同展の扇を持った衣装を試着、ポストカードとして印刷することもできます。

入館料は500円。開催時間は10時から18時(入館は17時30分)まで。月曜(2月12日は開館)と2月13日は休館日となっています。

ランキング Event