「東郷様式」が確立するまでを紐解く 生誕120年「東郷青児展」開催

あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)にて、2018年2月16日から4月15日まで、生誕120年を記念した回顧展「東郷青児展」が開催されます。

オリジナル図録や限定グッズの販売も

東郷青児の生誕120年を迎えるにあたり、全国4会場で開催される同展。二科展のデビュー作となった「パラソルさせる女」や代表作「サルタンバンク」などの最初期の前衛的な絵画から、その後のモダン文化を彩ったデザインの数々、交流の深かった芸術家たちとの作品や、個人宅に贈られた珍しい小品、温泉を飾ったモザイクタイルを再現した作品など、めったに見ることのできない逸品、希少品が一堂に会します。また、同展のオリジナル図録(2200円)や、トートバッグ(1800円)、クッキーボックス(700円)などのオリジナルグッズの販売もあります。

開催時間は火曜から金曜は10時から20時、月曜と土日祝日は18時まで、入館は閉館30分前までです。2月19日、26日、3月5日、4月2日は休館日です。料金は前売り券1100円、当日券1300円です。

ランキング Event