窓は文明であり文化である!? 窓がテーマの展覧会開催

展覧会

「窓学10周年記念エキシビション 窓学展―窓から見える世界― 巡回展」

2017年10月21日から11月12日まで、金沢工業大学ライブラリーセンター1階展示室 (野々市市扇が丘7-1)にて「窓学10周年記念エキシビション 窓学展―窓から見える世界― 巡回展」が開催されています。

東京で1万5000人が来場した人気企画

YKK APは「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007年から窓を学問として多角的に研究する活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど、様々な切り口から窓にアプローチ。50以上のテーマで研究が行われましてきました。そんな「窓学」10周年を記念して、東京で開催され、会期中約1万5000人が来場した人気展の巡回展第一弾です。

伝統工芸において、窓の果たす役割を解明した「窓の仕事学」、漫画の中に描かれた「窓」から、時代の変化や窓辺の想像力を読み解いた「窓の漫画学」など、建築のみならず、伝統、文化、サブカルチャーまで、幅広い年代、分野の人が楽しめます。また、建築家の西澤徹夫氏がデザインをした巡回展仕様でつくられた「窓棚」を配した什器の繊細で美しいたたずまいも、展示のみどころのひとつです。

料金は無料。開催時間は10時から19時(土日祝は17時)まで。

展覧会

ランキング Event