本当は教えたくないディズニー攻略法 ポップコーンバケットの裏ワザ、知ってる?

ディズニー 本当は教えたくないTDR攻略法

(C)Disney

東京ディズニーリゾート(TDR)で定番の食べ歩きスナックといえば、「ポップコーン」。定番のソルト味、キャラメル味はもちろん、カレーやしょうゆバター、チョコレートなどさまざまなフレーバーが販売されており、ユニークな「ポップコーンバケット」に入れてもらえば、気分も盛り上がりますよね。

ただその際、バケットのデザインを優先して購入すると、好きな味のポップコーンが食べられない...なんてことも。基本的にそれぞれのバケットは中に入れてもらえるポップコーンが決まっているので、通常どおりに購入していれば、そうした残念な"不一致"が起こりがちなんです。ですが、そんな不満を解決してくれる「裏ワザ」があるのを知っていますか?

好きなバケット×好きなフレーバーを手に入れる方法

せっかくパークを訪れたなら、お気に入りのキャラクターのバケットを手に入れたいもの。ポップコーンバケットは、ワゴンによって売られている種類が異なるため、お目当てのものを探しにいかなくてはなりません。

たとえば2017年8月27日現在、東京ディズニーランド内で「カーズ」の主人公「ライトニング・マックィーン」のポップコーンバケットが販売されているのは、トレーディングポスト横(カレー味)、スウィートハート・カフェ前(キャラメル味)、蒸気船マークトウェイン号乗り場前(バーベキュー味)の3つのワゴンだけ。

このほかのワゴンでは「マックィーン」のバケットは販売されていません。ということは、欲しいバケットを売っているワゴンで必ずしも自分が食べたいフレーバーを扱っているとは限らないというわけです。

とはいえ「マックィーン」のバケットが欲しいけど、ポップコーンは「ソルト味」が食べたい...という気分の時もありますよね。そんなときは無理に気分じゃないポップコーンのフレーバーを買わなくても大丈夫。

実は、キャストに違う味が食べたいことを伝えれば「ポップコーン引換券」がもらえるのです。この「引き換え券」を好きなフレーバーが販売されているワゴンで渡すことで、バケットとフレーバーの組み合わせは自由自在に!

 

また、引き換え券の有効期限は翌々月末までなので当日使わなくてもOK。期限内にパークを訪れるなら、その時にバケットと一緒に持っていくという方法もあります。

さらに、ポップコーンバケットの中を汚したくない場合もキャストに申告すれば、レギュラーボックス(×2個)で渡してくれるという気遣いも。どれもゲスト目線の嬉しいサービスですよね。

パーク内での食べ歩きがより楽しくなるサービスなので、知っておいて損はありません。お気に入りのポップコーンバケットに好きなフレーバーを合わせて、楽しんでみては。

ディズニー 本当は教えたくないTDR攻略法

プレゼント

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)