あぁぁぁぁ寝苦しいぃぃぃッ! 夏の夜のエアコン、こうすれば快眠できる!

エアコン

連日の猛暑で体力が奪われていませんか? 夜はぐっすり眠ってパワーをチャージしたいところですが、熱帯夜は眠りも思うようにいきません。

ダイキンが20~70代の男女1000人を対象に行った2017年6月の調査によると、「暑くてなかなか寝つけない」と回答した人は63.1%、「暑くて夜中に起きてしまう」と回答した人は61.2%と、いずれも過半数にのぼりました。

専門家の研究によると、快眠のコツは温度設定だけではないようです。

快眠のポイントは「湿度」コントロールにあった

奈良女子大学の久保博子教授によると、快眠を作り出す環境づくりのポイントは次の2つです。

(1)エアコンの設定温度は28度で朝まで運転

体を冷やしすぎないよう、28度以上に設定しましょう。

(2)湿度を50〜60%に下げる

寝苦しさの原因は、体温を下げようと汗をかいたのに蒸発しないでいつまでも体感温度が下がらないこと。そこで、湿度を50〜60%に下げます。

湿度調整機能のついたエアコンなら簡単ですね。機能がない場合は、扇風機を回しておくという方法があります。ただ、扇風機の風に当たりっぱなしは体を冷やしすぎる可能性があるので、直接当たらないように風向きには気をつけましょう。

[続き]つけっぱなしに抵抗ある人はどうしたらいい?
1
エアコン

今月の特集

今月の特集

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)