現地とほぼ同価格! 話題の初上陸トリュフ専門店で買うべき「お土産」

トリュフ

2017年7月14日、東京ミッドタウンにフランス発のトリュフ専門店「Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」の日本1号店がオープンしました。

前回の記事では、お手頃価格で食べられるメニューの魅力をお伝えしましたが、今回はもう1つの魅力である、トリュフオイルやトリュフ塩などのリテール商品を紹介します。自分用はもちろん、ちょっとリッチなギフトにもぴったりですよ。

マスタ―ドまでトリュフ入り

店内では、種類豊富なリテール商品が現地価格とほぼ変わらない値段で販売されています。もちろんリテール商品だけの購入もOKなので、気軽に立ち寄ってみて。今回は記者が特に気になったおすすめ商品を紹介します。

まずは、フランスでも大人気のオリーブオイル。「エクストラヴァージンオリーブオイル/黒トリュフ」(100ミリ・2300円)、「エクストラヴァージンオリーブオイル/白リュフ」(100ミリ・2400円)の2種があり、どちらもしっかりとしたトリュフの香りが楽しめるのが魅力。さまざまな料理と相性が良いので幅広いシーンで使えます。

記者もバゲットにつけて食べてみましたが、少しつけるだけでもトリュフの香りが鼻に抜け、幸せな気分に。このリッチ感が手軽に楽しめてこの価格はお買い得です! 自宅で大活躍するのはもちろん、ギフトにしても喜ばれること間違いなしです。

手軽にトリュフの芳醇な香りが楽しめるものとしては「サマートリュフ入り ゲランドの塩」(60グラム・1500円)や「黒トリュフ風味のバルサミコ」(100ミリ・2400円)もおすすめ。サラダや肉料理などの仕上げにサッとかけるだけで、トリュフ風味に仕上がります。自宅にストックしておけば、簡単にワインにぴったりのリッチなおつまみが作れますよ。

また、興味深いのが「サマートリュフ入りはちみつ」(120グラム・1800円)。その名のとおりトリュフが香るはちみつで、バゲットなどにつけておいしく食べられるのはもちろん、アイスクリームに加えたり、チーズにつけたりと、意外に幅広く使えます。

記者が試してみたいと思ったのは、ピザにかける活用法。クワトロフォルマッジなどのチーズたっぷりのピザに使えば、トリュフとチーズの風味にはちみつの甘さがマッチしておいしそうです。

このほか、サマートリュフを使ったものとしては「サマートリュフ入りバタークリーム」(80グラム・2000円)、「サマートリュフ入りトマトソース」(190グラム円・2300円)、「サマートリュフ入りマスタード」(80グラム・1350円)などがあるので、シーンにあわせて好みのものを選べます。

高級なトリュフを使った商品が日本でも手頃な値段で手に入れられるのは嬉しいかぎり。どの商品も普段の料理に"ちょい足し"するだけで、リッチなトリュフの香りが存分に楽しめる優れものなので、要チェック。

詳細は公式サイトへ。

トリュフ

ランキング Gourmet