【第72回】ミステリーツアーみたい たったの6000マイルで飛行機の旅ができる「どこかにマイル」を使ってみた

JAL お金の貯まるカード活用術 マイル 旅行

たどりついたのは徳島

1月の3連休で徳島に旅行することにしました。皆さん、「徳島といえば......」という観光地や食べ物をすぐに思う浮かべることができますか? 正直、筆者は「阿波踊り」と「渦潮」しか思いつきませんでした。

今回は「徳島に一度行ってみたかった!」「仕事なので徳島に行く」というわけではなく、たまたま徳島に家族旅行することになりました。なぜ"たまたま"徳島に行くことになったのか紹介したいと思います。

自分で行先を決められない

今回利用したのはJALが新しく開始したサービス「どこかにマイル」です。通常、マイル(特典航空券)を使った国内旅行の場合、往復で1万2000マイルから(期間限定のディスカウントマイル+JALカード割引の場合は1万1500マイル)交換となりますが、「どこかにマイル」を使った場合は、なんと6000マイルで往復の特典航空券に交換することができます。

では、なぜ半分以下のマイルで旅行できるのでしょうか? それにはいくつかの条件があるためです。

1つ目が「変更、キャンセルによる払い戻しができない」という点です。通常、特典航空券は日付や時間の変更、3100円または3100マイル(2017年4月1日以降はマイルによる支払いは終了)を支払えばキャンセルによる払い戻しも可能ですが、これができません。

2つ目が「羽田発着便に限られる」ということです。東京や神奈川など、関東に住んでいる場合は利用できる特典ですが、それ以外では利用しづらいのが残念です。

3つ目が、「行き先を自分で決めることができない」となります。飛行機版のミステリーツアーのようなものと考えればわかりやすいですね。ただし、全く行き先を選べないというわけではなく、ある程度の行き先は絞ることができます。

まず、どこかにマイルのサイトで、行きの日付、出発時間(範囲で指定)を選択し、帰りの日付、羽田の到着時間(範囲で指定)を選択して、人数を指定してから検索します。

検索すると4つの候補が出てきます。適当に検索してみた所、「秋田」「大分」「鹿児島」「高松」の候補が出てきました。あまり行きたいところが無いなぁ、と思った場合は再度検索します。

続いて出てきたのは「徳島」「岡山」「北九州」「小松」です。何度も検索してみましたが、「沖縄(那覇)」「函館」「旭川」「奄美大島」「出雲」「山口宇部」「帯広」なども出てきます。

どこにしようかな?

ランダムに出てくる4つの中から、これだったらという候補が出てきたら「上記のどこかに旅に出る(お申し込み)」をクリックします。この4つの中からランダムで1つ行き先が決定するという仕組みです。

行き先は申込から3日以内に決定するため、それからホテルを自分で予約するという手続きが必要です。

筆者が申込んだ時は「徳島」「高松」「小松」「鹿児島」の4つの候補が表示され、たまたま「徳島」に決まった、というのが今回の徳島旅行が決定した流れになります。

[続き]いよいよ出発 あれ?渦潮は......
1

ランキング