映画「ライチ☆光クラブ」公開初日舞台あいさつ/スカート姿で血のりを浴びて、ずぶ濡れ... 中条あやみは「かわいそう」?

ライチ☆光クラブ

公開初日舞台あいさつ

古屋兎丸の人気コミックの映画化「ライチ☆光クラブ」が2016年2月13日公開され、出演の野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢ら若手俳優10人、内藤瑛亮監督が舞台あいさつした。

これぞチームワーク

煙と油にまみれた「蛍光町」と廃工場の秘密基地「光クラブ」で、大人のいない世界を作ろう少年9人による裏切りと愛憎の物語。主演の野村は感無量の様子で「ようやく公開を迎えて、ここからスタートではあるけれど、寂しい気持ちでいっぱい」と語った。

旬の若手俳優10人がそろったこの日の舞台あいさつ。俳優同士がお互いの印象、エピソードを語り合った。寒さの中の撮影を振り返り、野村は古川に「セリフの量も膨大で、最初から最後まで大変そうだった。陰から応援していた」とねぎらった。

これを受けて古川は、一人スカート姿で撮影した中条を「血のりを浴びて、水の中にも入って。大変だなと思った」といたわった。内藤監督も「水に濡れただけではなく、ワイヤーに吊るされて演技するシーンも多かった。かわいそうだった」と振り返った。中条も「大変だったのは否定しないです。皆さんが励ましてくれたので頑張れました」と笑顔を見せた。

一方、主演の野村を共演者は「第一印象と現場に入った後でギャップがあった」と口々に指摘。「パッと見た時『怖いな』と思ったけれど違った」、「最初は『何かしてやるぞ』と思っているような空気感があったが、実はただの馬鹿だった。馬鹿と天才は紙一重。ほめてます」など直球の意見も。終始和気あいあいとした舞台あいさつで、チームワークの良さを感じさせた。


「ライチ☆光クラブ」(2016年、日本)

監督:内藤瑛亮
出演:野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗、中条あやみ、池田純矢
2016年2月13日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

記事提供:映画の森

(C)2016「ライチ 光クラブ」製作委員会

ライチ☆光クラブ

今月の特集

今月の特集 今月の特集

人気の写真・動画