「私も、誰かの役に立てるんだ!」 得意を売るフリマ「ココナラ」ユーザーに聞いてみた

coconala ココナラ フリーマーケット

2回目の登場、ピクスタの小林です。まだまだ「シュミ活」を続行しています。趣味を続ける上で、やっぱり必要なのは続けていくモチベーション。楽しいだけでなく、「喜び」や達成感があれば、胸を張れて素晴らしいと思うんです!

調べてみると、自分の特技を売れるサービスがあるんだとか。そこで今回は、"モノを売らないフリーマーケット"「coconala(ココナラ)」のユーザーさんに、お話をうかがってみました。

小さいころから「占い大好き少女」

tbm131164_pho01.jpg
「私、占いの本があれば絶対買っちゃうような、占い大好き少女だったんです」

そう話すのは、東京郊外に住む「ココナラ」ユーザー、阿部郁美さん(41)。女の子ならハマる人も多い「占い」の世界。阿部さんが興味をもったキッカケは、恋模様でも未来のことでもなく、"自分探し"でした。

「失言をして、友達を傷つけてしまう子供でした。そういう自分が嫌で、なんで私はこういう人間なんだろう、どうしたらうまく人間関係を結べるんだろうって、それを知りたかったんです」

最初は12星座占いを勉強していましたが、高校のクラスメイトの男の子に「人間は12種類しかいないの?」と言われ、マヤ暦、算命学などにも着手。でもなかなか「人と人のつながり」はわかりませんでした。

悶々としていた20歳のある日、阿部さんは「今まで読んできた占いの理屈を、全部くっつけたらどうだろう」と思いつきます。図にあらわしてみると、人間関係に繋がる、独自の「占い」が浮かび上がったそうです。

この「占い」を家族や友人にやってみたところ、「すごい!」「どうして分かるの?」と驚きまじりで感謝されまくり。「これって人の役に立てることかも!」と思うようになった阿部さんでしたが、旦那さんからは手厳しい一言が......。

「それは、親しい人だから通用するんだ」
[続き]出品を通して「自信が持てました」
1

ランキング